修士論文 卒業論文

これまでの卒業論文,修士論文の一覧です.

2019年3月現在,修士22名,学士30名を輩出しました.

修士論文

  • Masanari Kondo, "The Impact of Feature Reduction Techniques on Defect Prediction Models," Master thesis, Graduate School of Science and Technology, Kyoto Institute of Technology, 2019.
  • 小林 勇揮, "ソースコードにおけるメソッドの抽出的要約手法の提案," 修士学位論文, 京都工芸繊維大学 大学院工芸科学研究科, 2019年.
  • 西浦 生成, "組み合わせテストにおける不具合誘発パラメータ組の効率的特定技法," 修士学位論文, 京都工芸繊維大学 大学院工芸科学研究科, 2018年.
  • 黒田 翔太, "ニューラル機械翻訳を用いたJavaクラスファイルのソースコードへの変換," 修士学位論文, 京都工芸繊維大学 大学院工芸科学研究科, 2018年.
  • 中川 要, "ソフトウェア開発プロジェクトにおける感情極性推移の分析," 修士学位論文, 京都工芸繊維大学 大学院工芸科学研究科, 2018年.
  • 田中 健太郎, "組み込み開発におけるコンパイラ最適化に起因する不具合の推定手法の提案," 修士学位論文, 京都工芸繊維大学 大学院工芸科学研究科, 2018年.
  • 原田 禎之, "CPSの異常検出のためのログ分析手法の比較," 修士学位論文, 京都工芸繊維大学 大学院工芸科学研究科, 2018年.
  • 森 啓太, "深層学習による不具合混入コミットの予測モデルの提案とその評価," 修士学位論文, 京都工芸繊維大学 大学院工芸科学研究科, 2017年.
  • 藤原 剛史, "ベイズ推定による優先度付き組み合わせテストの改良と不具合発見傾向の評価," 修士学位論文, 京都工芸繊維大学 大学院工芸科学研究科, 2017年.
  • 松井 章, "コミットメッセージの感情推定とソースコードにおける不具合出現の関係分析," 修士学位論文, 京都工芸繊維大学 大学院工芸科学研究科, 2016年.
  • 河端 駿也, "組み合わせテスト最適化のためのベイズ推定を用いた重み抽出に関する研究," 修士学位論文, 京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科, 2016年.
  • 釆野 友紀也, "単語分散表現を用いたバグ報告からの不具合ファイル特定," 修士学位論文, 京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科, 2016年.
  • 山田 晃久, "ソースコードにおける不具合出現と感情推定の関係分析," 修士学位論文, 京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科, 2016年.
  • 胡 軼凡, "組み合わせテストにおけるコード網羅率の測定に関する研究," 修士学位論文, 京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科, 2015年.
  • 岡嶋 秀記, "単語ベクトルによる省略識別子の復元推定手法に関する研究," 修士学位論文, 京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科, 2015年.
  • 椋代 凜, "ソフトウェア開発者に着目したバグ混入コミットのトピック分析," 修士学位論文, 京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科, 2014年.
  • 大西 哲朗, "オープンソースソフトウェアにおける開発者スキルのばらつきとプロジェクトの活性の関連分析," 修士学位論文, 京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科, 2014年.
  • Junwei Liang, "A Comparison and Analysis of Modern Code Review in Open Source Software Projects," Master thesis, Graduate School of Science and Technology, Kyoto Institute of Technology, 2013.
  • 出原 真人, "巨大ソフトウェアリポジトリ群へのマイニングに基づくソフトウェア開発者間のネットワーク分析," 修士学位論文, 京都工芸繊維大学 大学院工芸科学研究科, 2013年.
  • 中井 道, "複数のソフトウェア不具合予測手法の定量的比較分析," 修士学位論文, 京都工芸繊維大学 大学院工芸科学研究科, 2013年.
  • 川本 公章, "ソースコード中の識別子の語長や単語数の傾向が品質に与える影響の分析," 修士学位論文, 京都工芸繊維大学 大学院工芸科学研究科, 2013年.
  • Yukinao Hirata, "Application of Trend of Tokens in Source Code Modules to Fault-Prone Module Prediction," Master thesis, Graduate School of Science and Technology, Kyoto Institute of Technology, 2012.

卒業論文

  • 舟山 優, "LSTMを用いたソースコード内の演算子推定手法," 卒業研究報告書, 京都工芸繊維大学, 2019年2月.
  • 若林 奎人, "組み込みソフトウェアにおけるコードクローン出現に関する考察," 卒業研究報告書, 京都工芸繊維大学, 2019年2月.
  • 古塩 卓也, "StackOverflowのコードスニペットにおけるクローン出現の調査," 卒業研究報告書, 京都工芸繊維大学, 2019年2月.
  • 植村 佳治, "バイトコードとソースコードにおける不具合予測結果の差異の分析," 卒業研究報告書, 京都工芸繊維大学, 2018年2月.
  • 北村 紗也加, "ソフトウェア不具合コミット推定手法間の整合性比較と考察," 卒業研究報告書, 京都工芸繊維大学, 2018年2月.
  • 廣瀬 早都希, "画像分類によるソフトウェア不具合予測システムの試作," 卒業研究報告書, 京都工芸繊維大学, 2018年2月.
  • 渡辺 大輝, "不具合誘発パラメータ組み合わせ特定三手法の比較評価," 卒業研究報告書, 京都工芸繊維大学, 2018年2月.
  • 北脇 知春, "ソフトウェアリポジトリにおける版分岐に関する考察," 卒業研究報告書, 京都工芸繊維大学, 2017年2月.
  • 小林 勇揮, "N-gram IDFを利用したソースコード中の重要部分抽出手法," 卒業研究報告書, 京都工芸繊維大学, 2017年2月.
  • 奥村 祥太, "組み合わせテストによる設定テスト試行環境の作成と評価," 卒業研究報告書, 京都工芸繊維大学, 2017年2月.
  • 近藤 将成, "RBMを用いたソフトウェアメトリクスの特徴抽出手法の提案," 卒業研究報告書, 京都工芸繊維大学, 2017年2月.
  • 黒田 翔太 , "CodeLamp: フォールトプローンフィルタリングのEclipse plugin開発とその適用," 卒業研究報告書, 京都工芸繊維大学, 2016年2月.
  • 田中 健太郎, "StackOverFlowにおける質問と回答に含まれるソースコードの分析," 卒業研究報告書, 京都工芸繊維大学, 2016年2月.
  • 西浦 生成, "組み合わせ不具合特定のためのロジスティック回帰を用いた分析," 卒業研究報告書, 京都工芸繊維大学, 2016年2月.
  • 原田 禎之, "Gitリポジトリのマイニングにおけるクエリ言語の活用," 卒業研究報告書, 京都工芸繊維大学, 2016年2月.
  • 森 啓太, "ソフトウェアリポジトリからの即時バグ予測ツールの製作," 卒業研究報告書, 京都工芸繊維大学, 2015年2月.
  • 藤原 剛史, "バイトコードの機械学習に基づく不具合予測手法の提案," 卒業研究報告書, 京都工芸繊維大学, 2015年2月.
  • Naidanjav Zolbayar, "テキスト分類によるバグレポートの分類手法の提案," 卒業研究報告書, 京都工芸繊維大学, February 2015.
  • 山本 滉明, "プログラミング言語の習得及び理解に対するリポジトリマイニングに基づく分析," 卒業研究報告書, 京都工芸繊維大学, 2015年2月.
  • 川島 尚己, "識別子中の単語情報を用いたFault-proneモジュール予測手法の提案," 卒業研究報告書, 京都工芸繊維大学, 2014年2月.
  • 河端 駿也, "開発者ネットワークに基づく開発者評価サービスの試作," 卒業研究報告書, 京都工芸繊維大学, 2014年2月.
  • 山田 晃久, "ソースコードの差分を用いたバグを混入・除去する変更の予測手法," 卒業研究報告書, 京都工芸繊維大学, 2014年2月.
  • 向井 弘記, "リポジトリマイニングに基づくバグ混入者と修正者との関連分析," 卒業研究報告書, 京都工芸繊維大学, 2012年2月.
  • 椋代 凜, "J2EEを用いたWEBアプリケーションに対する工数見積りツールの開発," 卒業研究報告書, 京都工芸繊維大学, 2012年2月.
  • 小野木 悠太, "複数の静的解析ツールによる多数決を利用した不具合判別法の提案," 卒業研究報告書, 京都工芸繊維大学, 2012年2月.
  • 松村 好剛, "テキストフィルタに基づく不具合検出手法の細粒度リポジトリへの適用と評価," 先端科学技術演習報告書, 京都工芸繊維大学, 2012年2月.
  • 川本 公章, "複数の版管理システムを対象とした不具合混入モジュール特定アルゴリズムの実装," 卒業研究報告書, 京都工芸繊維大学, 2011年2月.
  • 出原 真人, "オープンソースソフトウェア開発における版更新と不具合出現の関連分析," 卒業研究報告書, 京都工芸繊維大学, 2011年2月.
  • 中井 道, "ソースコード静的解析結果のテキスト分類による不具合混入モジュールの予測手法," 卒業研究報告書, 京都工芸繊維大学, 2011年2月.
  • 山田 悠太, "テキスト分類に基づく不具合混入モジュール予測法に対する細粒度学習の適用評価," 卒業研究報告書, 京都工芸繊維大学, 2011年2月.